副作用の出現パターン

画像


 以前服用したゼローダ(http://www.info.pmda.go.jp/downfiles/ph/GUI/450045_4223005F1022_1_17G.pdf#search='%E3%82%BC%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%80')でもそうだったが、現在服用しているスチバーガでも「服用ダイアリー手帳」を記入することになっている。この手帳には、毎日の服用確認と、特記すべき体調などを書き、主治医の問診時に利用すれば、より正確に自分の体調を伝えることができる。

 手帳は、見開きで1週間分。左ページには、服用確認の欄のほか、血圧の値と考えられる副作用として「皮膚症状」や「消化器症状」、出血、頭痛などの「その他」の症状が一覧で並んでいて、該当するものに印をつけるようになっている。右ページには、副作用として最も出やすい手足症候群のチェックリストがある。これをしばらく付けていると、副作用の出方には一定のパターンがあることに気付いた。

 まず、声がかすれるのは、服用直後から始まり、服用中止すれば2~3日で治まる。次に、手足症候群は、服用から4~5日目にしびれ感やヒリヒリ感が始まり、加速度的に痛み、腫れ、場合によっては水泡にまで至る。服用後7~10日目位が痛みのピークになる(服用を1週間で中止した場合)。めまいやふらつきは慢性的だが、服用中止して3~5日目(つまり服用開始して10~12日目)あたりが最もひどくなることが多い。それと連動して、倦怠感や嘔吐することが3日ほど続く。このように記録を付けパターンがわかってくると、あらかじめ心の準備ができて動揺は少なくなるが、やっぱり副作用は小さいに越したことはない。



 
準備する力 夢を実現する逆算のマネジメント
角川書店(角川グループパブリッシング)
2011-09-26
川島 永嗣

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 準備する力  夢を実現する逆算のマネジメント の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

 
ペットを見送るマナーブック―メモリアルの準備と心がまえ
誠文堂新光社
みなと かおる

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ペットを見送るマナーブック―メモリアルの準備と心がまえ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




大腸がん ブログランキングへ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック