おまけの人生始めよか。

アクセスカウンタ

zoom RSS 性犯罪被害にあうということ 【小林美佳】

<<   作成日時 : 2013/10/14 13:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


 性犯罪を犯した者は、何度も同じ過ちを繰り返すという。軽微なものから凶悪なものまで性犯罪の中身は様々であるが、しかし、それらは必ず被害者の心に大きな傷跡を残し、最悪の場合は、生命を奪ったり脅かしたりもする。そういうことが繰り返されることになるが、性犯罪の被害者の大半が女性であることから、その詳細ついて語られることはあまりなく、なので、防ぐ術をなかなか身につけられない。人権的な配慮から事件の概要が伏せられていることもあるかもしれないが、加害者の人権に比べれば被害者の人権などぞんざいに扱われていると思う。

 本書は、性犯罪に関する小説でも評論でもない。実際にレイプ被害にあった、小林美佳という若い女性が、自分の身に降りかかったおぞましい事件について、あるときは感情的に、あるときは冷静に思い返し、その思いをぶつけている。残念なことに、このような性犯罪は日常茶飯事で、被害者が亡くなるようなことがなければ、その報道は大きいとは言えない。被害者にとっては、それがかえって良いことなのかもしれないが…。

 しかし、その報道の扱いとは比べようもない被害者の心の痛みや葛藤、家族関係の崩壊、恋人や友人たちとの心のすれ違いなどの、その傷の深さ、大きさが本書からは痛いほど伝わってくる。それが伝わってくればくるほど、僕はどうしたら良いのか考え込んでしまう。自分にも娘がいる。妻がいる。同じような事件に巻き込まれたらどう対処したら良いのか。本人の気持ちに添うことが大事だとはわかるが、それがどういうことなのか、もう一度考えてみたい。


性犯罪被害にあうということ
朝日新聞出版
小林 美佳

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 性犯罪被害にあうということ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

 
犯罪被害者の心の傷
白水社
小西 聖子

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 犯罪被害者の心の傷 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

 


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
性犯罪被害にあうということ 【小林美佳】 おまけの人生始めよか。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる