新たな火種で入院

 2週間ほど、ブログを放置してしまった。それは、実は入院していたからだ。前回の投稿の翌日、熊大病院を受診。めまいや嘔吐が続いていることを主治医に申し出たところ、では頭部CTを撮ってみようということで、院内の脳神経外科を受診。CT画像には、な、な、なんと、小脳出血の痕跡があるというではないか。それも既に3~4日前のことで、もうピークは過ぎ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

副作用の出現パターン

 以前服用したゼローダ(http://www.info.pmda.go.jp/downfiles/ph/GUI/450045_4223005F1022_1_17G.pdf#search='%E3%82%BC%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%80')でもそうだったが、現在服用しているスチバーガでも「服用ダイアリー手…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

刑事の結界 ~叩き上げ警部補 島田伸一の事件簿~

 本書のタイトルにある「結界」とは、もともと仏教用語で、聖なる領域と俗なる領域を分け、秩序を維持するために区域を限ることをいうらしい。ということは、・・・刑事という職業の聖なる領域と俗なる領域との区分か?本書の内容がタイトルどおりかどうかはちょっと解明できなかったが、確かに、刑事のヒーローものではないみたいだ。本書に登場する島田…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

体調はぼちぼち?

 知人に会うと、必ずと言っていいほど「その後、体調はどうね?」と聞かれる。しばらくぶりに会っても、いつも体調のことを気づかってもらっているんだなぁと思うと、とてもありがたい気持ちで一杯になる。でも、一方で、返答に困ることが多い。とりあえず「ぼちぼちです」と答えてはいるものの、本当は少し違うんだがと思ってしまう。嘘をついているわけ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

5年生存率

 今日、5月24日はがん切除手術を行ってから2年目の日に当たる。1年前にも「手術記念日」と題して記事を書いた(http://masahiron.at.webry.info/201308/article_28.html)。そして、それを記念して(?)、続けて「はじめてのにゅういん ~あんなこと、こんなこと」をシリーズで書いた。こと…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

夢で逢えたら

 タイトルの「夢で逢えたら」というのは、学生の時によく聴いていた吉田美奈子の曲名だ。「♪ 夢でもし逢え~たら~ 素敵なこ~とねぇぇ」と始まる。何故、今回はこのロマンチックなタイトルなのか?(笑) その理由は、最近、よく夢でいろんな人に出会うからだ。まぁ、誰でも夢の中では誰かに会っているのだろうが、ここ数か月は、特に、えっ?何故こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スチバーガ服用再開

 5月9日は診察の日だった。併せて、CT検査も行った。主治医の診察にあたっては、またスチバーガの副作用出現の兆候があったため、自己判断で、1週間で服用を中止したことを申告し、今の症状として、足の痛みはギリギリで治まっているが、めまいと吐き気が強いことを申告した。(現に、診察の後、月曜日には嘔吐してしまったし、強いめまいのため食欲…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

総合診療医ドクターG 【NHK】

 自分自身が大病を患う身になると、「病気」のことにとても興味がわいてくるものだ。テレビでは、時折、芸能人の健康チェックをやっているが他人の健康状態を知っても仕方がない。また、家庭医学事典のごとく、病気の症状を見せていかに大病のおそれがあるかを知らしめる番組もあったりするが、それもなんとなくピンとこない。 この番組もその類のものだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スチバーガ(その2)

 先日、抗がん剤(分子標的薬)のスチバーガのことを書いたところ、他の記事に比べてかなりアクセスが多かった。がん患者やその関係者の方が興味を持って読んでいただいたのだろう。そこで、もう少し、この薬の副作用について詳しく書いておきたい。この薬の説明書によれば、起こりやすい副作用として、①手足症候群 (手足の痛み、はれ)、②高血圧 (…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドキュメント発達障害と少年犯罪【草薙厚子】

 僕は、昨年度までの3年間、障がい者の社会生活をサポートする「障がい者支援課」というところに勤務していた。これまで、障がい者といえば、身体、知的、精神の、いわゆる手帳制度を有する3障がいを有する方々のことだったが、近年、その概念は広がり、手帳の有無に関わらず、例えば、発達障害や難病などを抱える方々もその福祉制度の対象となりつつあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スチバーガ

 今回は、がんの治療を始めようとされている方や既に治療されている方の参考となるよう、抗がん剤のお話。僕は、抗がん剤治療を始めて約2年半になる。これまで、術前、術後に、FOLFOX療法から始まり、FOLFIRI療法ほかさまざまな療法を受けてきた(一定期間過ぎると耐性ができたり療法が体に合わないなどにより療法が変更になることがある)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ひまわりと子犬の7日間

熊本県の統計によれば、平成24年度の県内での犬・ネコの捕獲頭数は2,598頭。そのうち、引き取り先がなくいわゆる殺処分とされたのは1,801件で、全体の約70%を占めている。一方、譲渡会などで譲渡された件数は676件で約25%にとどまっている。(熊本県動物愛護管理ホームページより http://www.kumamoto-do…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サラメシ【NHK】

 NHKの番組に「サラメシ」という、タイトルだけではどういう内容かわからない、じみーなそれでいて軽快な番組がある。内容はというと、働く人のひるめし、ランチを中井貴一の弾けたナレーションで紹介するもの。働く人といえば「サラリーマン」。その「ひるめし」だから「サラ」「メシ」というタイトルなのか。それはともかく、「ひるめし」の紹介だか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京家族

 本作は、巨匠・小津安二郎監督の「東京物語」(1953年、松竹)のリメークだそうだが、残念ながら元祖の作品はまだ観ていない。本作は、山田洋次監督の作品らしく、ほのぼのとして、ほっこりする後味さわやかな映画だ。物語は、橋爪功と吉行和子演じる、瀬戸内海の小さな島で生活している老夫婦が子どもたちの暮らす東京へとやってくるところから始ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あれから1年

 昨年の今日、2月24日は「快気祝い Live Party」の日だった。50名程度来ていただければと知り合いに呼びかけたところ、予想以上の入りで、100名程度収容できる会場は身動きもとれないほど満杯となった。30分の演奏はもうぐちゃぐちゃだったが、それが功を奏したのか、逆に客席は大盛り上がりだった(笑)。あの興奮の日から早1年、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

職業”振り込め詐欺”【NHKスペシャル「職業”詐欺”」取材班】

 新聞、テレビの報道によれば、振り込め詐欺(業界では「特殊詐欺」と言うそうな…)の被害が昨年は全国で486億9千万円に上り、過去最高となったそうだ。割り算すれば、1日当たりに1億3千万円余りの被害が出ている計算となる。約10年ほど前から世間を騒がせてきた「おれおれ詐欺」も、関係者の努力、協力で一時期減少したものの、相変わらず被害…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フライト

 この映画の主演は、デンゼル・ワシントン。かつての名優、シドニー・ポワチエに並んで好きな黒人の知性派俳優だ。それに、この映画、タイトルや予告編の雰囲気から飛行機のパニックものっぽい。大好き。とはいえ、自分自身は大の高所恐怖症。遊園地のジェットコースターはもちろん、高層ビルの屋上、吊り橋、外の見えるエレベーター、ブランコなどが苦手…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

だいじょうぶ3組

  映画にも出演している乙武洋匡氏の同名のタイトル小説の映画化作品。内容は、氏が小学校の教員を務めた経験をもとに制作されている。小学校の担任が両手両足がない先生だったら子どもたちはどんなふうに受け入れるのだろうか。そんな疑問はこの映画ではほとんど取り上げられていない。子どもたちはごくごく自然に先生の存在を受け止めている。乙武先生…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

明日、ママがいない

 新しく始まったドラマ「明日、ママがいない」。天才的な子役、芦田愛菜が主演する。…が、タイトルがどうしても「あしだ、まながいない」と聞こえてしまう(笑)。主演の芦田愛菜がいないとは…。それはさておき、野島伸司氏が監修脚本を手がける(番組のHPからは既に名前を消されてしまっているが…)だけに、内容が衝撃的だ。物語の舞台は、親の愛か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中村勘三郎 最期の131日 哲明さんと生きて

 中村勘三郎。というより、中村勘九郎と呼んだほうが通りがいいかもしれない。歌舞伎役者。昭和30年生まれというから、僕とタメである。だからまだ若い(?)。なのに、一昨年の12月、食道がんから派生して急性呼吸急迫症候群により急逝した。僕と同じ年齢で、同じ頃にがんに冒されていることが発覚しているが、しかし、彼は亡くなり僕は生きている。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more